富山のあみぐるみ教室が伝える「あみぐるみの基本」

あみぐるみをスムーズに作るためには、コツやポイントをしっかりと把握しておくと良いでしょう。あみぐるみ制作の際に把握しておくべきポイントを詳しくご紹介していきます。

あみぐるみの基本について

あみぐるみの基本について

糸端は内側から出す

毛糸を編み始める時は、内側の糸端から使用するとほどけにくいです。購入した毛糸のラベルを外すと、外側に糸端が見えます。その糸端はほどけないように外側の毛糸と絡めておくことをおすすめします。

基本は細編みと長編み

細編みも長編みも鎖目を作ることから始めます。どちらも編む規定数や目の数え方を間違えなければ、簡単にできるでしょう。細編みや長編みがスムーズにできるようになったら、他の編み方にも挑戦してみてください。

簡単なアレンジの仕方やあみぐるみのコツをご紹介!

簡単なアレンジの仕方やあみぐるみのコツをご紹介!

途中で毛糸の色をかえる

細編みの途中で毛糸の色をかえる場合、色をかえる1つ手前の目で糸を抜く時に新しい色の毛糸を引き抜いてそのまま編んで進んでいきます。色を変える前の毛糸の処理は、裏側で巻き込みながら2~3目編んでカットします。

毛糸の始末

編み終わり部分の毛糸は、ある程度の長さを残してカットします。とじ針を使って裏地にくぐらせるとほどけにくくなります。

パーツの縫い合わせ

パーツを縫い合わせる場合、パーツの色に合った毛糸を使うと目立ちません。余った毛糸は、とじ針を使って3~4cm裏地にくぐらせてからカットします。

初心者にオススメなあみぐるみの特徴

初心者のうちは、編み方のバリエーションやパーツが少ないあみぐるみがおすすめです。毛足の長い毛糸で作ったあみぐるみは、ふわふわでかわいらしい仕上がりになります。しかし、初心者の方は、編み目が数えやすい毛足の短い毛糸を選びましょう。

富山であみぐるみを習いたいという方は、ハンドメイドワークショップ Aka-Zukinのあみぐるみ教室にご参加ください。富山のハンドメイドワークショップ Aka-Zukinは、月謝制でお好きなレッスンを何度も受けられます。あみぐるみ教室だけでなく、ハーバリウムやビーズアクセサリー、レジンなどを作れるレッスンもあります。営業時間やスケジュールなどの確認や他に気になることがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

富山のあみぐるみ教室をお探しならハンドメイドワークショップ Aka-Zukinへ

教室名 ハンドメイドワークショップ Aka-zukin
住所 〒933-0225 富山県射水市草岡町2丁目5−2
電話番号 080-1963-9641
営業時間 13:00 - 16:00
定休日 金・土・日・祝
URL https://aka-zukin.com/